海外FXの口座開設を行うメリット

海外FXと聞くとつい難しいものとしてとらえがちですが、日本国内のFXと比べるとメリットが多く、海外FXを選ぶ日本人トレーダーも少なくはありません。はじめの一歩として新規口座開設がありますが、この口座開設だけでも数多くのメリットが用意されています。 口座開設ボーナスはもちろん、入金ボーナスやハイレバレッジ、ゼロカットシステムなど、トレーダーが積極的に取引できる環境が整えられています。初めはわからないことも多く、戸惑うこともあるかもしれません。しかし、実績のある海外FX業者であれば日本語サポートも比較的充実しており、他にも便利なサポートが用意されているので覚えておいて損はないでしょう。国内FXでは得ることのできないこれらのメリットについてご紹介します。

レバレッジ規制がゆるい

FXでは業者に委託した資金を元金とした上で、何倍もの価値がある通貨を取引することができます。売買によって生じた差額は利益となり、これを目当てに海外FXを始める人も少なくはありません。こうした仕組みを「レバレッジ」と呼び、少ない資金でも大きな利益を期待できることから、FXの持つ一番の魅力として知られています。 例えば手元の資金が3万円しかない場合でも、レバレッジが100倍であれば300万円分の取引が可能になります。株式や債券では売買の度に一度、決済をしなければなりません。それに比べ、FXは売買取引で生じた差額だけを決済する決まりとなっており、取引の間は金銭のやり取りはありません。そのため、自身が保有する資金以上の取引ができるのです。 これこそがレバレッジの利点と言えます。ハイレバレッジであればあるほど実際の資金よりもはるかに大きな金額のものを購入でき、価格上昇時に売却すれば大きな利益へとつなげることも可能となるわけです。 日本国内のFXではレバレッジ最大25倍と法律で決められています。海外FXはこうした規制がなく、25倍を超えるレバレッジをかけることができます。

追証がない

海外FXの中には追証のないところも多く、FXで投資したお金以上の損失を被ることはありません。レバレッジ規制の緩さに加え、これも海外FXの人気を高める大きな魅力となっています。国内FXでは追証が発生するため、取引で何百万、何千万と追証が発生した場合は、その額を業者から請求されることになります。追証の扱いは債務、つまり借金となるため、国内FXは非常にリスクが高いと考える人も多いようです。 では追証を支払えないとどうなるのでしょうか。借金の担保として私有の財産が差し押さえにあい、それでも支払えない場合は自己破産ということにもなりかねません。しかし、海外FX業者の多くがこうした追証がないシステム方式を採用しているため、大きなリスクを冒さずに投資運用を始めることが可能なのです。

入金ボーナスでお得に取引できる

新規口座開設だけでなく、海外FXには入金ボーナスも用意されています。入金ボーナスとは入金額によって○○%分の証拠金を受け取ることができるシステムです。


海外FXで比較するならここがおすすめ

最近良さげな情報があるのが海外FX徹底比較ドットコムです。