NDD方式

海外FXではNDD方式と呼ばれる取引手法が主流となっており、これは取引の間にディーラーを挟まずに取引する方法です。NDD方式では、トレーダーの注文はすべてネットワークを介してカバー先となる銀行へと届きます。FX業者はあくまで仲介に過ぎず、トレーダーたちが取引すればするほど業者には取引手数料という形で利益が舞い込みます。取引が活発になるほど双方にメリットが生じるため、ハイレバレッジや入金・新規口座開設ボーナスなどのキャンペーンやサービスが充実しているわけです。 一方、日本国内FXの場合はDD方式を採用しています。この方式は間にFX業者(ディーラー)が入るため、ディーラー都合で注文拒否や口座凍結といった操作が行われやすい環境にあります。こうした点がトレーダーにとっては不透明とされる要因とされており、NDD方式でディーラーの干渉を受けない海外FXは非常に透明性が高いと評価されています。